読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試行錯誤LIFE

学生の頃に内定をもらっていましたが、辞退。大学卒業後、就職活動し、肢体仕事につきました。現在はまた就活中。就活失敗した人や苦労した人にインタビューもしています!

【第2回】 意外と、どうにかなるってよ。-就職失敗した人にインタビューしました-(前編)

f:id:waterspinachyeeh:20151014134713j:plain

こんばんは! 今日のブログは・・・久しぶりのあの企画です!

 

「意外と、どうにかなるってよ。」では、就職活動で失敗・苦労した方に、苦労した経験やどのように乗り越えたのかをインタビューする企画です。

 

第2回は、zuuminさんにインタビューしました。

「16卒就活生がリアルタイムで17卒に語りかけるブログ」のファンなので、インタビューすることが決まった時はすごく嬉しかったです!!!!

「16卒就活生がリアルタイムで17卒に語りかけるブログ」是非見てみてください!

 

 

プロフィール

zuuminさん

就職活動中の大学4年生。

17年卒の人達に向けて、現在の就活の状況を「16卒就活生がリアルタイムで17卒に語りかけるブログ」で書いている。

現在は、WEBデザイナーやディレクターになるため、勉強している。

zuumin16.hatenablog.com

 

前編では、大学生活やどのように就職活動をしたのかを聞きました!

  

 

ー就職活動前はどのような大学生活を送っていたのですか?
zuumin 大学時代より前になりますが、付属校の大学受験で失敗してて、希望の学部に行けなかったんですよ。

 

ーえ!?そうなんですか!

zuumin 希望とは別の、ギリギリ点数が足りていた国際系の学部に入りました。
短期留学を2回しているんですけど、
漠然と何したいのか決まらないまま、3年過ぎましたね。

 

ー就職活動を意識するようになったのはいつ頃ですか?

zuumin 3年生の頃になって初めて、就活を意識するようになりましたね。
最初、某A社に友達が夏の時点でインターンしていた話を聞いて、「行きたい!話を聞いてみたいな」と思って、10月に秋のインターンの選考を受けました。
いきなりその選考が通って3次面接まで行ったんです。
そのインターンは就労型インターンでそれさえ乗り越えればインターンに参加できるし、スキルが上がることを期待していました。
このチャンスを逃さずいけるだろうと思っていましたが、考えが甘く、3次面接で上手く受け答えが出来なくて落ちてしまいました。でも、それがきっかけで、就活を考えるようになりましたね。
そこからWEBとか広告業界を目指すようになりました。

 

ー本格的に就職活動を始めたのですね。
zuumin 最初の頃は、WEBサービスだったら、なんでも見ていく感じでいろいろ見ていましたね。
IT系の転職系のサイトを運営している会社を受けたりもしたのですが、10月から始めていたので他の学生の方よりも結構早かったと思います。正規の就活解禁は3月スタートでした。

 

ーそうですね。早いですね!

zuumin 1・2月あたりから本選考が始まっている企業が何個かあったので、手当たり次第受けていました。
3月の解禁時は普通に受けてて、3月下旬に3次選考まで進んだのが2社ぐらいあったんですが、そこで多分気を抜いてしまったんだと思います。

 

ーどうして気を抜いてしまったのですか?
zuumin 他の人より進んでいる分、行きたいの企業研究せず、受けてどこかが受かればしばらく休もうと考えていました。大企業の採用があれば、そこを受けてみようかな、とも考えていました。
自分の考えが甘かったので、結局2社とも落ちてしまってその繰り返しですね。
選考がある程度進むと一点集中しすぎてしまって、その企業一本に絞ってしまい、他を考えられなくしまうんですよね。
僕の場合は、それが結構短所だったんですよね。

 

ーなぜ、落ちたのか、理由がわかっているんですね。
zuumin そうですね。理由はわかってて、

①ちゃんと計画を立ててやっていかなかったこと
②その会社は本当に行きたい会社なのか分からず、一歩踏み出せなかったこと

ですね。3次選考まで通過して、企業がやっていることが自分が働きたい感じではなくて。あと、実際にそこで自分が何をしたいのか全然わからなくて。

 

ー就職活動中は、誰かに相談しましたか?
zuumin キャリアカウンセラーの人と話をしながら色々な所教えてもらったんですけど、キャリアカウンセラーが紹介する企業は、すごいブラックとかではないんです。むしろホワイトなんですけど、やりがいや仕事の面白味は全く感じられませんでしたね。
結果的に、そこでちゃんと受けたのが2社ぐらいしかなくて、本気ではないという考え方がバレてしまったのか、その2社もあっという間に落ちて。

8月の頭から9月の下旬まで受けていた最終選考まで進んだ会社が、博報堂の子会社のWEB制作会社だったんですよ。
2ヶ月ぐらいかけてやって、9月ぐらいにはそこ一本に絞っていました。
そこの3次面接が9月上旬にあって見事通過したのですが、結局、最終面接で落ちてしまいましたね。そのことは今でも忘れられません。

 

ー現在は受けている会社とかはあります?
zuumin 受けたい会社というのはあるんです。最終で落ちた博報堂の子会社がWEB制作系の企業だったので、WEB制作会社に興味を持ちました。WEBデザイナーやWEBディレクターになりたいんですけど、Adobeの製品が使えないといけなかったり、ポートレートの提出が必須だったりする企業がほとんどなんです。
そういう業界で、アルバイトやインターンでもいいからさせてもらって、アルバイトしながら就職活動したり、そのままアルバイトをしている会社に入れてもらうのもいいなって思うんです。

 

ーアルバイトからでもいいって感じなんですね。
zuumin 希望の業界に入るためには、Adobeはどうしても通らなきゃいけない道です。それに、ディレクターとしてWEBの構成なども見据えて、今は、勉強期間ですね。
できるだけ動きたいんですけど、どうしてもポートレートの提出が絶対っていうのがあるじゃないですか。

 

ーそうですね。
zuumin それでちょっと困ったりしていますね。まぁ、海外でも行こうかなってw

 

ーおお!海外ですか!突然ですね!なぜ海外に行こうと思うのですか?
zuumin 「海外で生活したい」という漠然とした夢はあります。自分が海外が好きなんで、スキルがあれば、海外で仕事ができるし、英語とかもなんとかなるからっていうまだ、そんな薄ぺらい考え方なんですけど。
でも、今はお金がないっていうだけで、もしお金が今、自分の目の前にバンって置かれたら、「来週からでも行きます!」
みたいな、フットワークの軽さが自分の売りですねw

 

ー行動力ありますね!!
zuumin それだけが取り柄なんでwWEBデザイナーとして就職してから、海外行くのもありだし、途中で海外に行けるチャンスがあれば、飛びつくというか。
1年間就活して思ったことが、会社に所属するというよりは自分で企画したり、自分が発信する仕事がしたいと思えるようになって、今に至ります。

 

 

後編は、こちら!

waterspinachyeeh.hatenablog.com